鍵交換や鍵開け、シリンダー交換、防犯鍵への取替えやトラブルなどすべてカギのロックマンにおまかせ!費用や料金、様々なご相談も24時間対応の鍵屋。お気軽にお電話下さい
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5942-6269
24時間受付対応
出張対応エリアを確認の上お問い合わせ下さい

 この記事は約 3 分で読めます。

サムラッチ錠のトラブルによる解錠依頼と交換施工

本日は新宿区の戸建てにお住まいのお客様よりの、鍵が外からも室内からも回らなくなっていて困っているので玄関ドアを開けてほしいとの緊急のご依頼でお伺いした案件を少し説明していきたいと思います。
まず鍵を紛失しての解錠依頼となれば鍵屋としてはよくあるトラブルのご依頼となるんですが、鍵があってもドアが開かないとなると少々厄介なトラブルかも知れないと頭をよぎります。
無論、軽いサビや傷みなどが原因で少しイジるとクルッと無事開錠なんてこともあるのですが今回はそうはいきませんでした。
伺ってみると使用されていたのは古いサムラッチ錠のタイプ、室内のお客様よりサッシ窓を通して鍵を預かり回してみるものの全く反応なし、内側のサムターンも同様とのこと。
いろいろと試してみたものの鍵は完全に空回り、結果、錠内部のケースのデッドボルト(かんぬき部分)が完全に壊れていて連動していないことが原因でした。こうなってしまうとシリンダー部分から錠ケースを破錠してそこからどうにかデッドボルトを動かしてドアを開けるより方法はありません。
 

お客様に状況をご説明して早々にシリンダー部より破錠していくのですが、今回は装飾のあるハンドルタイプでもある大きなサムラッチ錠ですので少し手間のかかる作業となります。上記画像のように破錠を進めていったのですが、緊急ということもあり画像は目処がたったところからとなっていて既にシリンダー部分は破錠して取り外し済み、その後ケース本体も破錠していき、ここでようやくデッドボルトをどうにか操作して引っ込めてドアの開錠に成功です。お客様の「開いたー!!」とホッとした歓声、お時間お待たせ致しました。
今回のように鍵自体は問題なくても内部、ケース本体が経年劣化により故障してドアが開かなくなってしまうということは稀ではありますが起こりえます。サムラッチ錠を含め古い鍵をずっとご使用されている方は今一度チェックしていただいて必要とあれば早めの交換をおすすめいたします。

MIWA両面サムラッチ錠への交換施工

さて破錠しての解錠後、お客様とご相談の上、せっかくだからということで古いサムラッチ錠から最新の新しいサムラッチ錠へ施工して取り替えることとなりました。
ご用意したのはMIWA-PR-THMTM-1Lという長めの商品名ではありますが綺麗な交換用の両面サムラッチ仕様の錠前です。
既存のサムラッチ錠からの交換におすすめで追加加工の施工のみで交換ができます。
 
まずは新しい錠ケースを取付していきます。
さらにエスカッションの取付、これは以前のサムラッチ錠と商品のサイズ、形がぴったりというわけではありませんので以前の施工穴、切欠を隠すためのエスカッション(化粧板)設置となります。

 

最後に新しいサムラッチ錠を取付して終了、鍵はもちろんディンプルキー採用で3本付ですね。
お客様も「綺麗になって、防犯性も上がって結果良かった」と満足いただけたようでなによりでした。ご用命誠にありがとうございました。


ロックマン

この記事のキーワード

このお知らせの著者

カギのロックマン

このお知らせの著者

カギのロックマン
お知らせ一覧