鍵交換や鍵開け、シリンダー交換、防犯鍵への取替えやトラブルなどすべてカギのロックマンにおまかせ!費用や料金、様々なご相談も24時間対応の鍵屋。お気軽にお電話下さい
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5942-6269
24時間受付対応
出張対応エリアを確認の上お問い合わせ下さい

 この記事は約 3 分で読めます。

注)画像は当該商品ではありません。イメージ画像となります。

トイレの錠が進化!発電するスライド鍵!!

一風変わった形状のクラビスシリンダーを提供されている金物メーカー「シブタニ」
そのシブタニが、ある開発で注目されていました。

 『クラビスシリンダー』

街中の商業施設やイベント会場、飲食店などに必ずあるのが「トイレ」。
そのトイレも、使い勝手や清潔さを見直すと集客のカギを握る存在になるそうですが、
外出時に使用する場合、いざという時に限って込んでいてすぐに入れないというのは結構困るものです。
帰省のときや旅行時のパーキングエリアなどで、トイレ前に行列ができていて並んだなんて経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんなトイレ混雑の解消を目指して、鍵の部分に最新の技術を取り入れたのがシブタニ。

トイレの個室利用状況を確認できる

トイレの鍵に内蔵された機器が開け閉めを検知することで、個室の利用状況をリアルタイムで確認できるようにするシステムで、年間240万人が訪れる京都の二条城で採用されているようです。
トイレの混み具合を、利用者がスマートフォンで調べられるようにと開発され、現在、実証実験中。

このシステムが街中に普及したら、サッとチェックして空いているトイレに向かって一直線。
『やばい!」という事態に近くのトイレに駆け込んでみたら全て使用中で愕然!いうことがなくなりますよね、トイレのちかい人にとっては画期的で、ぜひ普及してほしいものです。
しかも、鍵のスライド操作の時に少ない電力を発電してそれを管理システムに発信するという形で、個室の開け閉め操作が電気になってるんだそうです。
操作も鍵のスライドが生み出す電力で動かすため、配線も電池もいらないということでとてもエコです。
さらに混雑だけでなく、人の命を救う可能性も秘めているといいます。
トイレが施錠してからの時間も管理ができているので、20分、30分と長く利用しているということであれば、もしかしたら中で利用者が倒れているのではないかと、緊急の際にすばやく対応できます。
病院などの施設に最適なのではないでしょうか。

生体認証の進化とこれからの鍵

ここ数年、日進月歩で進化している鍵と錠、玄関の鍵なんかでも体内にマイクロチップを埋め込み、手をかざして施錠するような場面を、この前TVで放映されていました。
個人情報を入れたマイクロチップなので鍵だけでなく、クレジットカードやスイカなどのICカードにも利用できて、紛失や盗難の心配どころか手ぶらで買い物に出かけられるようです。
指紋錠や顔認識、声紋認識、網膜などの生体認証の上をいくシステムで正直驚きました。
防犯、セキュリティという側面からは大変すばらしい進化で、近い将来、物理的な鍵というものは必要なくなるのかも知れませんね、鍵屋ロックマンとしては少々複雑ではありますが。


ロックマン


(関西テレビ『報道ランナー』内「なるほど!ちまたのケーザイ学」2018年5月15日OA)より参照

この記事のキーワード

このお知らせの著者

カギのロックマン

このお知らせの著者

カギのロックマン
お知らせ一覧