鍵交換や鍵開け、シリンダー交換、防犯鍵への取替えやトラブルなどすべてカギのロックマンにおまかせ!費用や料金、様々なご相談も24時間対応の鍵屋。お気軽にお電話下さい
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5942-6269
24時間受付対応
出張対応エリアを確認の上お問い合わせ下さい

 この記事は約 3 分で読めます。

錠前故障による鍵のトラブルと緊急対応の交換施工

本日はなじみの不動産屋さんを介して墨田区のお客様より、鍵がまわらない、鍵をかけれない、閉める事もできず外出はもとより、このままだと安心して寝ることもできないとご不安の様子で、緊急対応で向かわせていただきました。
玄関ドアに取付されていたのはGOAL-5350という箱錠で少々古い年期の入った錠となります。事前にお伺いしていた通り、たしかに鍵もまわらず、デットボルトも固くほとんど動きません。

   

お時間も夜間となっておりましたので早速作業に入ります。
ドアから錠を取り外し、分解しつつ微調整。
修理対応の結果、鍵の開閉ができるまでは復旧しましたが、内部のストッパーとなる部品の欠落、経年劣化による損傷もかなり見受けられました。今回と同じような不具合も今後起こる可能性が高いこともあり、お客様とお話し合いの上、
別の新しい錠前へ施工工事して取り替える事となりました。
ご用意したのはMIWA-HPD、U9シリンダーの錠前セットになります。
このMIWA-HPDという箱錠はGOAL-5350に対して取付による寸法がほとんど同じ設計となっておりますので多くの場合で賃貸物件でも余計な施工穴など傷をつけることなく交換することが可能です。

 

古い錠前から新しい錠前へ

今回のように古いGOAL5350から違う他社メーカーのMIWA-HPDへの交換で大きな施工工事が伴わないケースは稀で全て対応できるわけではありません。ですが一部では他の型番でも対応可がございます。
そのような場合であれば、古い箱錠のまま、シリンダー交換したり、修理して利用するよりも思い切って新しい錠前にする事も後々の事を考えると、トータルではかえって費用が安く済んだり、防犯性も上がるメリットもあるのでご参考いただければとおもいます。
無論、古い錠前でも状態が良ければ長くご利用できることもございますし、それらに対応したメーカーよりのご用意があれば防犯鍵、ディンプルキーへの交換が可能です。ただし古い錠になるほど現在と同様の鍵しかご用意がなかったり、廃盤品となっていることもありますので注意が必要です。
作業後の帰り道、車の窓からふと見上げるとスカイツリーのネオンが輝いていました。
いまもなお新型コロナウイルスの収束は見えず不安はつきませんが、この困難に立ち向かっておられる医療従事者の方々やライフラインを支えて下さっている方々への感謝と共に、いつか晴れ晴れとした気持ちでスカイツリーや空を日本、世界の人々が見上げられることを願って1枚写真に収めました。


ロックマン

この記事のキーワード

このお知らせの著者

カギのロックマン
カギのロックマン

このお知らせの著者

カギのロックマン
カギのロックマン
お知らせ一覧