鍵交換や鍵開け、シリンダー交換、防犯鍵への取替えやトラブルなどすべてカギのロックマンにおまかせ!費用や料金、様々なご相談も24時間対応の鍵屋。お気軽にお電話下さい
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5942-6269
24時間受付対応
出張対応エリアを確認の上お問い合わせ下さい

 この記事は約 4 分で読めます。

 

リレーアタック聞いた事ありますか?

最近ニュース等でも取り上げられるようになってきた 「リレーアタック」 という車の盗難被害をご存知でしょうか?
愛車のドアを簡単に施錠、開錠できるスマートキー、大変便利で今や殆どの車で採用されれいるシステムではないでしょうか。
ところがその弱点を狙った盗難が、海外をはじめ日本でも発生しはじめたことで警察庁が各メーカーに注意を呼びかける事態となっています。

スマートキーのしくみとリレーアタックとは?

スマートキーは電波を車との間で受信しあい電子IDを照合してドアの開閉やエンジンの始動をおこなうシステムで、ここ数年の国内で生産されている乗用車のほとんどで導入されています。

そしてそのスマートキーのしくみを利用した車の盗難方法が「リレーアタック」
車を駐車後に離れた運転者の後をつけるなどして接近し、特殊な装置を使い電波を受信、電波を増幅させて車のそばに待機しているもう一人の犯人に電波をリレー送信するというもの。
車は正規の電波だと認識してしまうため簡単に盗難されてしまいます。

以前の車の盗難といえば、窓ガラスを割り車内の配線を直結させるというものが認知されていました。また高級車などに採用されていた「イモビライザー」を特殊機器で無力化したりする手口も見受けられましたが、このリレーアタックは短時間かつとても簡単に持ち去られてしまう恐ろしいものです。一説にはリレーアタックに使う特殊装置は海外でとても安価に手に入れることができるようで、そうした事も被害を増やしつつある要因の一つかも知れません。

また、以前のブログ記事でご紹介した「車の盗難被害」で被害にあいやすい車種について触れましたが、リレーアタック被害も同様に、高級車はもとより、海外で人気のある車種や需要のある車種が狙われやすい傾向は高いようです。
特にプリウス、ハイエース、ランドクルーザーは、ある地域では突出して狙われるという事も聞きますので所有者の方は警戒を強めたいところかと思います。

リレーアタック対策

この現状に各メーカーも対策の検討に入っていることかとは思いますが、対策されるまではご自身の愛車は自分で守るしかありません。そこでいくつか対策になるものをご紹介したいと思います。
念のためロックマンも自社の車で確認して対策しましたが、あくまで個人の確認となりますので車種による違いや、駐車している状況によっては不十分となる場合も考えられます。対策される際はこちらは参考程度にしていただき、ご自身の責任で対策されることご了承下さい。

さて対策としては、つねに電波を送信し続けているスマートキーの電波を、使用する時以外は遮断してしまおうというもの。
要は、電波をひろわれることがなければリレーアタックの被害にもあわないということです。
まずは、ご家庭にあるアルミホイル、これでスマートキーをグルグルと包めば電波が遮断されて反応しませんでした。
でも毎回使用するたびに、取り出したり、包んだりは現実的ではないかもです。

ネットなどでも取り上げられていたスチール缶やお菓子のカンカンなどでも遮断できるとのこと、試してみましたが、遮断できたり、反応してしまったりでしたので、車種や状況によって差異があるのかも知れません。
ロックマンは自宅にいる間にも玄関先から駐車場までリレーされて被害にあう恐れがあると考え、カンカンにアルミホイルを巻いて、それをスマートキーの保管場所とする事にしました。無論ばっちり遮断できています。

もっとも便利使いできそうなのが「電波遮断ポーチ」でしょうか?
ポーチの中にしまうことで遮断できる商品なのですが、スマホなどの電波遮断にも利用できるので、映画館や病院などの公共施設で呼び出し音を鳴らしたくない時に使われることがあるそうです。
こちらであれば、外出時に車から離れた時にキーケースとしてしまうことで対策できますし、ご自宅でも保管場所にもなるかと思いますのでおすすめできそうです。

電波遮断 圏外ポーチ 圏外ポーチ

 


ロックマン

この記事のキーワード

このお知らせの著者

カギのロックマン
カギのロックマン

このお知らせの著者

カギのロックマン
カギのロックマン
お知らせ一覧